運動不足も要因の一つ|下肢静脈瘤は名医の治療を受けられる病院へ

看護師

どのようなものなのか

病院

潰瘍性大腸炎は、大半がまず直腸が侵されるのが特徴です。ここから徐々にS状結腸、下行結腸、横行結腸など腸の上の方へと広がっていく傾向が見られます。症状としては、最初は下痢や腹痛が主ですが、潰瘍が進行していくと同時に粘液と血液がまじった下痢が頻繁に起こるようになります。また、何回排便してもスッキリせずに、しぶり腹になることが多いのも特徴の1つでしょう。こうした症状の他にも、食欲の減退や吐き気などをもよおすことも多くあります。潰瘍性大腸炎は一時的に良くなっても、再び悪くなることも多い病気です。また、重症になると高熱が出るといった特徴も持っていますので、症状に疑いのある場合はすぐに病院で検診していきましょう。重症や再発を避ける為にも、しっかりと治療を行うことが大切となります。

潰瘍性大腸炎になった場合には、食事に気を付ける必要があります。というのも場所が腸だけに、食事によって悪化させてしまうことがあるからです。そのため、香辛料や乳製品、アルコール類などは避けた方が無難でしょう。また、腸に良いというイメージが強いために、繊維の多い野菜を摂取する人がいます。しかしこれも実は、避けたい食材 の1つなのです。食事は高タンパク高カロリーで、ビタミンやミネラルの豊富なものを摂るようにすると良いと言われています。こうした食事の他にも、潰瘍性大腸炎の場合にはストレスが悪化の原因となることもあります。そのため、できるだけストレスのない生活を心がけると、治りが早くなるといった傾向があります。